カーブにも注意

カラコンを選択するときに重要なものとして、「BC」というものがあります。これは「ベースカーブ」といって、目のカーブの強さを表す表記となっており、カラコンのパッケージなどにも記載されています。この数字が大きいほどカーブがゆるく、小さいほどカーブがきつくなります。日本人のカーブの平均が8.6であるということから、多くのカラコンが8.6に設定して販売されていますが、種類が豊富なメーカーであると、8.5から8.9くらいまで種類を選ぶこともできます。

このカーブがピッタリ合っているのと合っていないのとでは、装着時のフィット感が異なってきます。装着時に不快感を感じたり、目のトラブルにも発展しかねません。また、カラコンがずれやすくなってしまうので、見た目も不自然になってしまい、せっかくナチュラル仕様のカラコンを使用していても、ナチュラルに見えなくなってしまうこともあるのです。

眼科に行けば、BCを計測してもらうことができますから、カラコンを選ぶときの参考にしてみてください。0.1の誤差までであれば、問題なく着用できるとされています。カラコンを購入するときには、パッケージに記載されている「BC」の表記にも気を付けて、自分に合ったものを購入するようにしましょう。